個別指導塾のデメリット

モチベーションを高く保ちにくい!

個人指導塾は基本的にワンツーマンで授業を受けることになります。そのため、他の生徒の顔が見えず、ライバル心が育ちにくいというデメリットがあります。集団塾の場合は、生徒同士が火花を散らしながら日夜勉強するのに対し、個別授業を受けている生徒は、マイペースで勉強することになります。マイペースで勉強できる良さはもちろんありますが、ライバルに勝つために高いモチベーションを保って勉強している生徒に比べると、物足りない面も出てしまいます。また先生と生徒の距離が近いため、組み合わせによっては仲良くなりすぎてしまい、友達感覚になってしまうというリスクもあります。授業の中に雑談をする時間が増えたり、宿題を平気で怠る生徒が出てくることもあります。

先生の当たり外れが大きい!

個別指導塾の場合、集団塾に比べてたくさんの先生を雇う必要があります。雇った先生が全員優秀とは限らず、優秀とは言えない先生も混ざっていることもあります。運悪く優秀ではない先生に当たってしまった生徒は、成績の伸びが悪くなるかもしれません。費用対効果という意味でも、質の悪い先生に高額のお金を支払うのはもったいないと言えそうです。また個別指導塾は、生徒に合わせた独自のカリキュラムを組んでもらえます。しかしカリキュラムをしっかり組める先生に当たらない場合、また独自のカリキュラム通りに指導ができない先生に当たった場合、独自のカリキュラムによる指導の良さを享受できないことになります。このように個別指導塾は先生の当たり外れが大きいというデメリットがあります。

中学生の塾は多数あり、性格によって個別か集団指導のどちらが合うかは違います。どの程度の学力を持ちどこまで目指すかも人それぞれ、だからこそ自分たちでリサーチし良い所を見つけましょう。